靴コラム

購入したばかりの革靴に穴が空いている?不良品?仕様?


「買ってばかりの靴のかかとに小さい穴が空いている!」
というお問い合わせを稀にいただきます。
買ったばかりなのに穴が空いているなんて、びっくりしてしまいますが、実はこれは靴の製造過程で空いてしまう手作りの証なんです。

手作りの証の穴とは?


具体的にはこちらの画像のように、靴のかかと部分に本当に小さく両足に空いています。

この穴は革靴を製造する際に足の木型と革を止めておくための釘の跡です。木型にしっかりと固定することで、足にフィットした靴が出来上がるのです。
職人の手作業で作られている革靴にはこのような穴がありますが、機械で大量生産された靴にはこういった穴はありません。また、職人の手作りであっても、殆ど目立たない場所に開けられているためないと思われる場合もあります。

値札をつけるために穴を開けているのは誤解


実店舗でディスプレイをする際に、こういった製造過程で出来上がる穴に糸を通して値札を下げることがあります。
商品に穴を開けているのではなく、空いている穴を有効活用していると覚えていただけると助かります。

私も入社したばかりのときは、「この穴はなんだろう……?」と疑問に思っていました。
商品で気になったことがあればぜひ店員に聞いてみてください。こういった意外な事実が明らかになるかも?

ABOUT ME
千葉
1992年生まれ ネットショップ運営業務をしつつ、ブログを兼任。写真を撮るのが好きです。 業務の合間に着々と更新中。
Parade公式アプリ リリース開始!

2017年11月20日にParadeアプリがリリースされました!
アプリでは
DL特典 お会計から10%割引クーポン
を配信しております!

ネットでチラシを閲覧したり、各店舗のイベント情報も掲載されます!お買い物を便利に!靴のお買い物をご検討の際はぜひDLしてみてくださいね。