靴コラム

就職活動向けビジネスシューズの選び方(男性編)

スーツの会場

就活を始める時、スーツを着てビジネス鞄を持ち、フォーマルな印象にふさわしい靴を履くことになると思います。初めて履くビジネスシューズの選び方、コツを紹介します。入学式で靴を選ぶ方も同じ選び方をすれば後々の買い直しがなくなります。ぜひ参考にしてください。

色は黒

色は黒が良いと思います。フォーマルと言えば黒ですよね。スーツの色もダークカラーを選ばれる方が多いと思いますが、それに合う色ということで黒以外ないのではないでしょうか。
どうしてもブラウン系はカジュアルな印象が強くなってしまいますし、スーツの中でブラウンの靴だけ浮いてしまうかもしれません。無難な色である方が悩むことも少ないですね。ダークブラウンも度合いにもよりますが、悩むくらいならブラックを選びましょう。

どんなデザインがおすすめ?

ストレートチップが一番

内羽根ストレートチップ
一括りにビジネスシューズ、と言っても様々なデザインがあります。初心者向けのものやこなれた印象のもの、革好きが選ぶ個性的なもの。そんななかで、まず初めての一足でおすすめなのが、ストレートチップ。

ストレートチップとは、つま先部分に横一文字に切り替えのラインが入ったデザインです。切替部分がつま先にあるので、シワがつきにくくメンテナンス慣れしていない人にも扱いが簡単な部類。(もちろんケアは必要ですが)
デザインとしても冠婚葬祭に対応できるフォーマルなデザインです。華美な印象ではなく、実直で真面目な足元を演出します。

他のデザインだと

リーガルシューズ
ストレートチップ以外だと、プレーントゥが次に候補に上がります。プレーントゥはつま先に飾りのないつるっとしたデザインです。
プレーントゥはビジネスでもカジュアルでも対応できるデザインですが、ストレートチップの利点であるシワのつきにくさと逆に、シワが付きやすい靴になります。扱いが難しいという点から、革靴に慣れた方におすすめしたいデザインです。

華美な印象があるウィングチップや、Uチップはカジュアルな印象なのであまりおすすめできません。就職して2足目であれば、ファッションに合わせて履くのが素敵です。1足目はベーシックな汎用性の高いものが良いでしょう。

内羽根だとよりフォーマル

靴紐を通す部分のデザインが内羽根だとより良いです。外羽根でも問題ないのですが、よりフォーマルなデザインという点で間違いないのは内羽根です。

紐のないデザイン

紐のないデザインのビジネスシューズもありますが、こちらはおすすめしません。具体的にはローファーやモンクストラップ。確かに脱ぎ履きも簡単で楽ではありますが、楽な靴ではなく、しっかりした男性を印象づける靴選びが就活では必要です。

合成皮革か天然皮革か

長く履く予定があれば天然皮革(本革)を、そこまで履く予定がないのなら合成皮革(合皮)をおすすめします。

天然皮革(本革)

メリット
・通気性が高い
・革が伸びるので足にフィットしやすい
・手入れによっては長持ちする
・独特の風合いがある

デメリット
・価格が高い
・水に弱い
・手入れが必要

本革を選ぶならREGALKENFORDがおすすめ。日本人の足型に合う設計と、安心の品質でビジネスシューズと言えば間違いないブランドです。

合成皮革(合皮)

メリット
・価格が安価
・雨やキズに強い
・手入れが簡単

デメリット
・通気性が低い
・素材がほとんど伸びない
・劣化が避けられない

素材によるオススメ

天然皮革は、丈夫でお手入れによっては長く使えます。足にフィットするので、買った当時から徐々に自分の足に馴染むよう変化していきます。逆に手入れもせずに放置していると革は劣化しみすぼらしい印象になります。しっかりお手入れをし、定期的に履く予定がある方には天然皮革がおすすめです。

合成皮革は、安価で手入れが簡単なところがメリットです。しかし、合成皮革は経年劣化が止められません。長く履きたいと思っても難しい素材です。将来的に履く頻度も高くなく、お手入れなど定期的なものが苦手な方は合皮のほうが楽だと思います。

結論から言うと内羽根ストレートチップ

おそらく他のWEBサイトを見ても、「内羽根ストレートチップを選べばOK」と書いてあることと思います。それくらいビジネスシューズの選び方はテッパン化しています。

買い換えるべき?

「入学式で履くように買った靴が内羽根ストレートチップじゃないけど、買い換えるべき?」

内羽根ストレートチップがおすすめだと言われ続けると、こう思ってしまうかもしれません。買い換えるべきか、と言われると必ずしも買い換えなくても良いと感じています。堅い業界やファッション関係であれば、こういった知識は必要になりますが、そこまで重視されない業界では、例えば外羽根Uチップでも問題がないこともあるでしょう。私服勤務の会社であれば、靴を買い直すコストについて悩んでしまうと思いますし、失礼ではないデザインであれば買い直す必要もないと思っています。ビットローファーやモンクストラップなどの紐靴だった場合は、申し訳ないのですが買い替えをおすすめします。
もちろん、不安を感じるようであればぜひ買い換えるべきです。なるべく余計な不安はないようにして頑張って欲しいです。

とりあえずお手入れをしよう

靴用ブラシ
どの靴を選んだとしても、お手入れはしましょう。スーツをクリーニングするように、靴にもメンテナンスが必要です。具体的な内容としては、泥や汚れ落としとホコリを払うことです。革にツヤを出すお手入れもありますが、最低限汚れのない靴を履きましょう。
使うときはブラッシング。これを忘れると、だんだんと靴の美しさがなくなります。本革、合皮問わずブラッシングは大切です。出かける前にささっと行ってください。おすすめは馬毛ブラシ 。やわらかくしなやかで、ホコリ落としに最適です。

ABOUT ME
千葉
1992年生まれ ネットショップ運営業務をしつつ、ブログを兼任。写真を撮るのが好きです。 業務の合間に着々と更新中。
asicsスクスクシリーズが大特価セール中!


Paradeオンラインストア本店にて、asicsのスクスクシリーズが大特価セール中です!
実店舗や他のネットショップでは行っていない、ここだけ限定のセール!期間未定の在庫限りなので、お早めにチェック!

>>asics sukusuku Big Sale!!