靴ひもを買うなら、どの長さを買うべき?

靴ひもが切れてしまった。長さが足りない。そう思って靴ひもを買いに行くと、バリエーションが多くどれを買っていいかわからなくなってしまいます。

「長さはどれくらいなのか?」「靴ひもの種類はどれを選べばいいの?」「平紐とか丸紐って何?」
そんな靴ひもを買うときの定番のお悩みから、今回は長さについて解説したいと思います。

長さを測ってみる

まず、近場にあった靴の靴ひもを外して測ってみます。なんとなく、こんなものだなという目安にしていこうと思います。

ジャックパーセル(US6・24.5cm)

ジャックパーセルの靴ひも
125cm 平紐
コンバースのジャックパーセルは6穴で125cmの紐が通っています。
靴ひもの長さの基準と照らし合わせると、標準くらい。ちょうどよい長さです。足幅が狭い人ならもう10cm短くても十分しばれそう。



texcy luxe(26.5cm)


80cm  ロー引き
こちらのビジネスシューズは4穴で75cm。
基準よりはちょっと長めです。穴の位置によるものなので、一概にこうと明言できません。縛ってみた感じでは、妥当な長さかと思います。



あしながおじさんのブーツ(23.0cm)


130cm ロー引き
ショート?ミドル?くらいの丈のブーツです。一番上までしっかり占めるのが公式推奨の履き方のようです。
片側8穴で靴ひもは130cm。かなり長めです。紐が足首部分から始まっているので、筒丈が長くてもそんなに長くなくても大丈夫なよう。甲部分から始まっている靴だと、さらに長さが必要になります。

Clarksのワラビーブーツ(US7)


75cm 平紐
こちらのワラビーブーツはなんと片側2穴!靴ひもは75cm。
結び目を作ると、ちょっと多めに余裕ができてしまいます。お好みでもう少し短くてもいいかもしれません。

コンバース オールスター

converse ox
ちなみにコンバースの定番、オールスターの長さは別で記事としてまとめています。
気になる方はぜひこちらもご覧ください。

コンバース ローカットの靴紐の長さはサイズによって変わる?
コンバース ハイカットの靴紐の長さはどれくらい?

実は長さには基準があります

実は、この靴にはこれくらいの長さがだいたい合うという基準があります。
靴ひもを通す穴の数によってだいたいの長さがわかります。あくまで基準なので、靴屋履き方によって合う合わないはありますが……。

ビジネスシューズの場合

穴数:サイズ(cm)
4~5:65~75
5~6:80~85

スニーカーの場合

穴数:サイズ(cm)
2~3:55
3~4:65
4~5:75
5~6:90~110
6~7:120
8~9:150

穴の数は片側の穴の数です。
あくまで一般的には、という基準なので、もし靴ひもを買おうと考えているのならきっちり測って購入してください。

まとめ

紐の種類についても今後掲載予定。ロー引き?ガス紐?疑問に感じる靴ひもの種類について解説していきたいと思います。