靴コラム

履き続けて色あせたスウェード靴をリペアしてみました

弊社スタッフのBIRKENSTOCK BOSTON(ビルケンシュトック ボストン)。数年間履き続けてきた結果、色抜けや汚れがあるようです。靴自体はまだ履けるものなのでお手入れをして「きれいに活き活きとした姿にしたい!」とのことで、スタッフで挑戦してみました!

リペアしてみました


今回リペアする靴はこちらのBOSTON。色あせと左足の油染みが気になりますね。

「汚れ落とし」と「補色」を目標に作業していきます。

今回使用するもの

・COLUMBUS スエードスプレークリーナー
・COLUMBUS ヌバック・スエード補色ミスト(ブラウン)
ブラシ
・新聞紙など紙

壁や床に汚れがつくと取れないため、ご注意ください。

0.下準備


靴の内側を保護するために中に紙を丸めて入れます。ブラシで表面に付着している軽い汚れやホコリを落とします。ベルトや靴ひもがある靴の場合は外しておいてください。

1.汚れ落とし



まず、油染みを落とします。

手際が良すぎてぶれていますが、スプレークリーナーのキャップのブラシ部分に泡を乗せ、汚れを取り除くように動かします。こちらのクリーナーは、毛の風合いを保つ作用があります。

汚れが落ちたら、乾くまでしばらく待ちます。

2.補色


すっかり色が抜けて元気のない印象になってしまったので、補色をします。

「COLUMBUS ヌバック・スエード補色ミスト」を使用し、まずは目立たない部分色を試し、色を決定したら補色を開始します。今回はブラウンで現在より少し明るい印象にしたいと思います。

スプレー容器をよく振り、ムラなく吹きかけます。ベルトを外し忘れていたので、ここで作業の途中に外しました。下準備の段階で忘れずに外してください。ベルトも同じように補色します。全体に噴いたら一度乾かします。右足が作業後、左足が作業前です。吹きかけた直後なのもあり、かなりはっきりと色が出ていますね。もう片足も同じ手順で行いムラを減らすため、二度塗りします。乾かし中の右足と作業前の左足です。

3.完成


両足とも乾いたら完成です。作業したてのムラ感も落ち着きましたね。使用時のシワなどによって色が入りにくい箇所もありますが、それもまた愛着ですね。汚れも落ち、明るい色に変身しました!

まとめ

今回の方法は、BIRKENSTOCKにかぎらずスエードならお使いいただけますよ!きれいな靴で足元の気分も一新してみてはいかがですか?

ABOUT ME
千葉
1992年生まれ ネットショップ運営業務をしつつ、ブログを兼任。写真を撮るのが好きです。 業務の合間に着々と更新中。
Parade公式アプリ リリース開始!

2017年11月20日にParadeアプリがリリースされました!
アプリでは
DL特典 お会計から10%割引クーポン
を配信しております!

ネットでチラシを閲覧したり、各店舗のイベント情報も掲載されます!お買い物を便利に!靴のお買い物をご検討の際はぜひDLしてみてくださいね。