パンプスのサイズあわせに最適インソールの選び方

ほしいと思ったパンプスが自分の足にしっくりくることはなかなかないことだと思います。となると、パンプスに足を合わせる必要が出てきます。インソールといえば、足の全面をカバーするような一枚をするっと靴に入れるイメージですが、実はその中敷きはパンプスには不向きだった?パンプスを調整するのに便利なインソールをご紹介します。

基本は「ハーフインソール」


最もおすすめなのはハーフインソールです。つま先のみに敷くタイプが特にパンプスと相性が良いです。
つま先のみの場合は、靴の中の前滑り防止とサイズ調整の両方の効果があるのでお得です。靴の中でつま先が前にずれていってしまうと、窮屈な部分に指が入っていってしまい足が痛くなってしまいます。滑り止めを入れることで、自分の足の居心地の良い場所に足を置きやすくなるので、サイズも丁度良くて疲れにくい靴に仕上がります。

ハーフインソールは、様々な質感や色、厚みのものが出ています。私は脱いでも目立ちにくいジェルタイプが好きですが、それだとホールド感が強すぎるということで、合成皮革や生地のものを使用される方もいらっしゃいます。個人の好みに分かれるので、一度お試しで使ってみるのがおすすめです。

なぜ全面のインソールは向いていないの?

全面のインソール(フルインソール)はとても便利なのですが、パンプスの場合は足のフィット感を阻害してしまう可能性があります。
パンプスはつま先とかかとのフィット感で歩いている状態です。覆う面積が大きいつま先と、かかとに入れられた芯によって前後から足を支えています。かかとのくびれた形に靴がしっかり安定することで、スマートに歩くことができるのですが、フルインソールを敷いてしまうとかかとの位置がインソールの分だけ高くなってしまいます。そうなると、かかとのくびれに靴がフィットしなくなり、歩くたびに靴が脱げるようになってしまいます。

かかとに入れて隙間を埋めるパッド


パンプスのかかとの上、ちょうど足首のあたりをサポートするように当てるのがこちらのかかとフィットタイプです。つま先のフィット感に余裕があり、かかとがスルスルと抜けてしまう方におすすめ。また、かかとから足首にかけて真っ直ぐでひっかかりがない方にもこちらが良いかと思います。

どこにでも使えるスポットタイプ


薄型で小さく、様々な箇所に貼ることができるのが、スポットタイプの特徴です。
靴ずれしそうだなと感じる箇所のクッション代わりにも使えますし、前滑り防止に補強することもできます。小さいので、ポーチなどに入れておけば靴ずれに不安を感じたときにサッと対処できます。
サイズ合わせの際も、ちょっと足りないなと感じたら貼って微調節の強い味方です。

まとめ

パンプスを自分の足に合わせるのに最適なインソールはじっくり吟味して選びましょう!